奈良・大和郡山の整骨院 各種保険取扱 土日営業

カテゴリー-category-

経過報告 「坐骨神経痛」

投稿日:2016/10/07

坐骨神経痛(脊柱管狭窄症)で通院中の 奈良市 Iさんの経過を報告します。

 

経過順調で歩行距離も伸びておりスネの外側の痛みもなく、モモ裏の痛みも

少しずつ軽減しているようです。

 

可動検査でも 腰部伸展時の腰部 下肢への関連痛もなく正常です。

 

今回も治療プランに変更なく 腰部筋肉に対する電気治療 アクチベーターによる

脊柱・骨盤の矯正 手技による腰部から下肢にかけての筋膜調整 フレクションテーブル

による狭窄部の牽引と最後にウイリアム療法を行います。

 

施術後の可動検査では異常は見られないので、日常生活での歩行距離などを確認して

いただくようお願いしました。

 

フレクションテーブル

P1000284_R 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など軟部組織の神経障害に効果を発揮します。

 

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症など坐骨神経障害のご相談は
        姿勢・バランス整骨院へ
     Produced by NARAスパイナルオフィス

交通事故治療
産後の骨盤矯正
姿勢バランス整骨院 お知らせ・ブログ

診察受付時間

午前
9時~12時
×
午後
16時~20時
×
院長施術
10時~20時
×

※火曜日は定休日です
※院長施術は完全予約制・自費診療プランになります。

↑ PAGE TOP