奈良・大和郡山の整骨院 各種保険取扱 土日営業

カテゴリー-category-

患者様紹介 「腰椎分離すべり症」

投稿日:2020/03/27

坐骨神経痛の相談に来られた 大和郡山市 Iさんの症状を紹介します。

 

半年ほど前から右臀部・右大腿部後面にシビレが出るようになり、2週間前あたり

から左臀部にもシビレが出始めたそうです。

 

趣味でフットサルをされているそうで、毎回練習後にシビレが強く感じるそうです。

 

学生時代もサッカー部に所属されており、その時にもひどい腰痛になり整形外科を受診

した際レントゲンの結果腰椎分離症と診断されたことがあるそうです。

 

腰の可動検査では伸展時に右臀部にシビレが顕著に出ており、屈曲や側屈は大きな変化は

ありませんでした。

 

過去の分離症の経緯とよく走ったであろう運動後の両側性のシビレ 腰部伸展時の陽性反応

から恐らく過去の腰椎分離症が前方へとすべりだしたと思われます。

 

治療プランは 腰椎分離すべり症をメインとする 腰部筋肉に対しての電気治療

アクチベーターによる脊柱・骨盤の骨格矯正 手技による臀部から下肢にかけての筋膜リリース

フレクションテーブルを使って滑っている腰椎に後方への牽引をかけます。

 

結果 腰部伸展時の右臀部のシビレは消失しましたが、運動時の症状は確認できないため

もしフットサルをする場合は、コルセットを着用し無理しない程度にしていただくようお願いして

本日の施術を終了しました。

 

フレクションテーブル

P1000283_R

椎間板ヘルニア・分離すべり症・脊柱管狭窄症など神経障害に効果を発揮します。

 

坐骨神経痛など神経由来の痛みやシビレのご相談は

      姿勢・バランス整骨院へ

   Produced by NARAスパイナルオフィス

交通事故治療
産後の骨盤矯正
姿勢バランス整骨院 お知らせ・ブログ

診察受付時間

午前
9時~12時
×
午後
16時~20時
×
院長施術
10時~20時
×

※火曜日は定休日です
※院長施術は完全予約制・自費診療プランになります。

↑ PAGE TOP