奈良・大和郡山の整骨院 各種保険取扱 土日営業

カテゴリー-category-

患者様紹介 「脊柱管狭窄症」

投稿日:2017/01/23

脊柱管狭窄症の相談で来院された 奈良市 Yさんを紹介します。

 

症状は 左臀部から大腿部後面の強い痛みとシビレです。 活動時に痛みがひどく

歩行が長く続くとどんどん痛みが増し最後は歩くことができなくなるそうです。

 

整形外科でレントゲン・MRIと画像診断の結果 腰椎5番-仙骨間の脊柱管狭窄症

と診断され手術が必要と言われたそうですが、できれば手術は避けたいということで

相談に来られました。

 

当院の問診・検査でも 歩行時の痛みの増悪 座ると軽減 腰部の伸展での痛み

坐骨神経沿いの神経障害など脊柱管狭窄症に間違いありません。

 

整形外科さんでは手術を勧められ痛みもかなり強いので保存療法で効果が得られても

改善には時間がかかるかもとお伝えしましたが、手術以外の方法で治したいという

本人さんの強い希望があったので保存療法での治療を行うことにしました。

 

プランは 腰部に対しての電気治療 アクチベーターによる脊柱・骨盤の矯正

フレクションテーブルによる第5腰椎ー仙骨間の狭窄部の牽引 起立筋全体に対する

筋膜リリースを行います。

 

かなり痛みの強い状態なので 安全を優先しての治療プランを行います。

 

治療後は 動かしにくかった左足首の背屈に少し動きが出る結果となったので

治療の方向性は間違ってないと確認できました。治療期間をあまり開けずに来ていただくよう

お伝えし、日常生活ではコルセットを必ず着用していただくようお願いし本日の施術を終了

しました。

 

当院外観

DSC_5026_R

 

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症など神経障害のご相談は

    土・日も診療の 姿勢・バランス整骨院へ

      Produced by NARAスパイナルオフィス

交通事故治療
産後の骨盤矯正
姿勢バランス整骨院 お知らせ・ブログ

診察受付時間

午前
9時~12時
×
午後
16時~20時
×
院長施術
10時~20時
×

※火曜日は定休日です
※院長施術は完全予約制・自費診療プランになります。

↑ PAGE TOP