奈良・大和郡山の整骨院 各種保険取扱 土日営業

カテゴリー-category-

患者様紹介 「産後骨盤矯正」

投稿日:2020/04/01

産後の骨盤矯正で相談に来られた 大和郡山市 Tさんの症状を紹介します。

 

2ヶ月前に第1子を出産されておりその後腰痛が続いているそうです。

産後は骨盤ベルトをしっかりと着用していたそうですが、2ヶ月経っても痛みが引かないため

相談に来られました。

 

お話を伺うと 痛みは左骨盤(仙腸関節部)に強く出ており、特に立ち上がる瞬間や長時間

座っていると強い痛みが出るそうです。

 

検査では 腰部屈曲15°で痛みが出る状態で、骨盤を固定したままでの屈曲は痛みが軽減します。

他動でも 左仙腸関節を動かすと痛みが増し 固定すると痛みは無くなります。

ほかにも2~3質問はしましたが、筋肉には問題なく関節の動きにより痛みが強く出ていますので

出産による左仙腸関節の捻挫と判断します。

 

検査は 臀部に対する電気治療 アクチベーターを使った骨盤・脊柱の矯正 手技による腰部

臀部・下肢に対する筋肉調整 最後に仙腸関節のモビリゼーションを行います。

 

結果 腰部屈曲20°と可動が増し痛みも幾分減少しました。

 

産後も骨盤ベルトを着用していたということでしたので、現状の骨盤捻挫とはどういう状態なのかを説明させていただき、改めて骨盤ベルトの装着する場所や強さ、必要性を認識していただいて

本日の施術を終了しました。

 

アクチベーター

P1000302_R

産後のデリケートな骨盤に対しても安全に骨盤矯正を行うことができます。

 

産後の骨盤矯正のご相談は 土・日も診療の姿勢・バランス整骨院へ

      Produced by NARAスパイナルオフィス

交通事故治療
産後の骨盤矯正
姿勢バランス整骨院 お知らせ・ブログ

診察受付時間

午前
9時~12時
×
午後
16時~20時
×
院長施術
10時~20時
×

※火曜日は定休日です
※院長施術は完全予約制・自費診療プランになります。

↑ PAGE TOP