奈良・大和郡山の整骨院 各種保険取扱 土日営業

カテゴリー-category-

経過報告 「椎間板ヘルニア」

投稿日:2020/04/08

椎間板ヘルニア治療で通院中の 奈良市 Oさんの経過を報告します。

 

前回同様 起床時にも強い痛みは出ておらず、順調な経過と言ってよい状態です。

 

検査でも 腰部屈曲40°で腰部に痛みは出ますが右大腿部のシビレは出ず SLRテスト

でも60°で右臀部に違和感は感じるようですが、シビレを訴えるまでには至らず、右拇趾の

筋力テストも左右差はありますが前回の治療効果を維持されています。

 

経過順調ですので、今回も治療プランに変更なく 腰部筋肉への電気治療 アクチベーターによる

骨盤・脊柱の矯正 手技による腰部・臀部筋肉に対する筋肉調整 フレクションテーブルを使った

マッケンジー療法を行います。

 

結果 腰部屈曲50°で腰部に痛みは出ますが、右大腿部にシビレはなく SLRテストでも

60°以上の可動域いっぱいでもシビレが出ることはなく 右拇趾背屈力も若干右拇趾の

筋力低下は感じますがかなり回復しております。

 

かなり回復しており 日常生活でも痛みの恐怖におびえる事もなくなってきておりますが、

再発予防のためにもコルセットは引き続き着用していただくようお願いして本日の施術を

終了しました。

 

フレクションテーブル

P1000284_R

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などの神経障害に効果を発揮します。

 

椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症などの神経症状のご相談は

      姿勢・バランス整骨院へ

   Produced by NARAスパイナルオフィス

交通事故治療
産後の骨盤矯正
はしもと整骨院 お知らせ・ブログ

診察受付時間

午前
9時~12時
×
午後
16時~20時
×
院長施術
10時~20時
×

※火曜日は定休日です
※院長施術は完全予約制・自費診療プランになります。

↑ PAGE TOP