奈良・大和郡山の整骨院 各種保険取扱 土日営業

カテゴリー-category-

経過報告 「側弯症」

投稿日:2016/06/27

側弯症治療で通院中の 奈良市 Kさんの経過を報告します。

 

今回調子もよく治療期間も空けていましたが 2~3日前に立ち仕事が長く続き

腰部に痛みが出たので来院されました。

 

検査では 側弯の角度は増しておらず、痛みのポイントも局所痛を訴えている

ことから 腰部での関節炎と判断。

側弯症との因果関係は否定できませんが、直接原因ではないため今回は関節炎

を中心に治療を行います。

 

痛みを出している腰椎の関節をメインに電気治療を行い アクチベーターを使い

関節部に負担がかからないよう矯正 椎間関節を要する人体に対しての手技療法

側弯角度を軽減させる背部筋膜調整を行い 最後にアイシングで炎症を抑えました。

 

結果 腰部の痛みは軽減し 側弯角度も回復しました。

 

施術例

IMG_0556_R

側弯症によるS字カーブにより関節に偏った

圧力がかかり関節炎を起こす場合があります。

 

姿勢改善 側弯症治療のご相談は 姿勢・バランス整骨院へ

     Produced by NARAスパイナルオフィス

交通事故治療
産後の骨盤矯正
姿勢バランス整骨院 お知らせ・ブログ

診察受付時間

午前
9時~12時
×
午後
16時~20時
×
院長施術
10時~20時
×

※火曜日は定休日です
※院長施術は完全予約制・自費診療プランになります。

↑ PAGE TOP