奈良・大和郡山の整骨院 各種保険取扱 土日営業

カテゴリー-category-

患者様紹介 「オスグッドシュラッター病」

投稿日:2016/10/15

膝の痛みで相談に来られた 大和郡山市 Sさんの症状を紹介します。

 

痛みの場所は 左ひざの少し下の部分に痛みを訴えており 階段の上り下り

膝の屈曲時に強い痛みが出るそうです。

中学校の野球部に所属しておりポジションはキャッチャーだそうで、しゃがむ

姿勢が困難なほど痛みが強いようです。

 

検査では 膝関節屈曲20°で痛みがでる状態です。

 

Sさんの年齢(12歳)スポーツ歴 痛みの特徴・場所から成長期のスポーツ選手に

多く見られるオスグットシュラッター病と判断します。

 

この症状は 成長期の柔軟な骨がスポーツにより鍛えられた筋により付着部が

剥がれて痛みを出すものなので、治療プランは 大腿四頭筋の筋のテンションを

調節することをメインに行います。

 

大腿四頭筋に対する電気治療 アクチベーターによる脛骨・腓骨・踵骨などの矯正

大腿四頭筋に対する手技による筋肉調整 下肢に対する筋膜調整などを行い筋のテンション

を調整し踵と地面の接地角を改善します。

 

結果 膝関節屈曲25°と少し可動が増しました。

 

自宅では大腿四頭筋のストレッチを行ってもらうことと、大腿四頭筋の付着部の負担を

減らすため運動時はオスグットシュラッターベルトを装着してもらうようお願いして

本日の施術を終了しました。

 

当院外観

DSC_5026_R  

 

成長期のスポーツ障害 スポーツパフォーマンス向上のご相談は

        姿勢・バランス整骨院へ

     Produced by NARAスパイナルオフィス

交通事故治療
産後の骨盤矯正
姿勢バランス整骨院 お知らせ・ブログ

診察受付時間

午前
9時~12時
×
午後
16時~20時
×
院長施術
10時~20時
×

※火曜日は定休日です
※院長施術は完全予約制・自費診療プランになります。

↑ PAGE TOP